FC2ブログ

「Et cetera」
-2016年6月~8月

彼のいない夜

 ←彼女のいない夜 →if
 認めたくはないが、独り寝の寂しい夜がある。
 たとえば副官を連れず、彼1人でセントラルに出張に行ってしまったとき。
 士官学校の射撃講習などで、数日間彼の側を離れねばならないとき。
 夜半過ぎにしとしとと雨が降り始めたことに気がついたとき。
 口にすると図に乗るだろうから、決して言葉にはしないけれども。
 リザが副官講習のため北方司令部に来て、3日目になる。講習はあと2日残っていた。
 恋人はすれ違いのタイミングでセントラルに出張だったし、その前は某テロ組織の摘発及びその後始末に忙しかった。
 仕事に忙殺されているその時は性欲、食欲、睡眠欲すべてが削ぎ落ちる。
 自分でも驚くほどストイックに仕事に集中しており、まるでそれ以外の生活は知らないかのように、家と職場の往復のみで日々は過ぎていく。
 しかし一度仕事が落ち着いて時間に余裕ができると、忘れていた本能が揺り返しのように湧き上がってくる。
 それなのに彼はリザを置いて出張に行ってしまった。
 もちろん理由はある。
 落ち着いたとはいえ、未処理案件の仕事は山積みだった。
 加えてリザには副官講習も控えていた。
 仕方ないと納得はしている。
 しかし納得していても、不満はある。
 ジクジクと火照る体をもてあまして、リザはため息をついた。
 彼とそういう仲になるまで、知らなかった感覚だ。
 知らぬ間にそんなことまで教え込まれていたのかと思うと、実に腹立たしい。
 リザはシャワーを浴びようとベッドを起き上がった。
 佐官付き副官は尉官ばかりなため、講習時の宿舎は必ずシャワー付き個室だった。
 背中を曝せないリザにはありがたい待遇だった。
 温度を調節して、少し冷たいシャワーで体を冷ます。
 ブリッグズ山ほどではないにせよ、平均気温一桁のこの北部で水のシャワーを浴びることになるとは思わなかった。
 部屋に常備されていた寝間着ではなく、持ってきた鞄から男物のTシャツを引っ張り出してかぶった。
 講習に来る前に、合い鍵でこっそり立ち寄った男の部屋から持ってきたものだ。
 自分の家の洗剤と同じものを使っているはずなのだが、くるまるとやはり彼の匂いがする。
 それから手を伸ばして鞄を引き寄せ、中を探って羊毛フェルトの黒猫を引っ張り出した。
「これを私の代理として預けよう。」
 セントラルの駅で30分だけ顔を合わせた男は、上司然とした顔でリザの手にこれを押し込んだ。
「なんですか、これ。」
 リザは手を広げて、目の前でそれを眺めた。
 黒い顔、黒いからだ、黒いしっぽ。
 三角の耳はピンと尖り、愛嬌ある大きな目がじっとこちらを見つめている。
「かわいいだろ。さっき近くの雑貨屋で買ったんだ。」
「これをあなたの代わりにかわいがればいいんですね。」
 リザはそう言うと、黒猫の鼻先にチュッとキスをした。
「・・・中尉。」
「なんですか?」
「目の前に本人がいるのにどうして代理にキスをするんだ?」
「こんな目立つ場所であなたにキスできるわけないでしょう。」
「私は気にしない。」
「気にしてください。」
「・・・不満だ。」
「お互い様です。」
「・・・どういう意味?」
「あなたは何が不満なんですか?」
「・・・君とキスしたい。」
「私もそう思ってますよ。」
 真面目な顔でそう言うと、彼は一瞬目を瞠り、にやりと唇の端をあげて顔を寄せた。
 リザは素早く猫を持っていない方の手で、それをふさいだ。
「・・・何をする。」
「それはこちらのセリフです。何をするつもりですか。」
「欲求に素直に従おうと思った。」
「時と場所をわきまえてください。」
「・・・不満だ。」
 彼は呻いた。

「自分ばっかり我慢してるような顔して。」
 リザは黒猫の鼻先を指で弾いた。
 従順な黒猫は文句も言わず、愛らしい瞳でじっとリザを見つめている。
「やっぱり代理は代理ですよ、大佐。」
 あなたの代わりにはなりません。
 リザは両手で黒猫を包み込んで鼻をくっつけた。




にほんブログ村 小説ブログへ 
ランキング参加しています。クリックいただけると励みになります。


関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 少尉と中佐
総もくじ 3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ 3kaku_s_L.png マスタングさんち
総もくじ 3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ 3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png プロローグ
総もくじ  3kaku_s_L.png 少尉と中佐
もくじ  3kaku_s_L.png ロイとリザ
総もくじ  3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ  3kaku_s_L.png マスタングさんち
もくじ  3kaku_s_L.png 彼の親友
総もくじ  3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ  3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 新刊サンプル
  • 【彼女のいない夜】へ
  • 【if】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【彼女のいない夜】へ
  • 【if】へ