FC2ブログ

「Et cetera」
-2017年6月~9月

for you|少尉と中佐

 ←悲しんでいるあなたを愛している →for you|中尉と大佐
 君のために何かしたいと思った。

「プレゼントだ。」
 そう言ってピアスを贈った。
「こんな高価な物はもらえません。」
 そう言って君は固辞しようとした。
 誕生日だ!就職祝いだ!成人祝いだ!と、私はそれを強引に君に押しつけた。
 誕生日にかこつけておいてよかった。

 花を贈ろうとした。
「うちには花瓶がありません。」
 邪魔だし、というありがたいお言葉までついていた。
 邪魔にならないように、コサージュを贈った。

 リザにプレゼントするならお菓子ですよ。
 彼女の親友から貴重な助言をもらった。
 特にダックワーズとチーズケーキがお気に入りだそうで、私は町中のケーキ屋を巡って彼女の好みを調査した。
 休憩時間にお茶を淹れようとする君を呼び止めて、「これも頼む。君の分もある。」とケーキの箱を渡した。
 ピアスよりコサージュより嬉しそうな顔をしたことには、気づかなかったことにしよう。

 プレゼントをもらうとしたら何がいい?
 率直にそう訊いたら「鉛筆と消しゴム」と返ってきた。
「すぐなくなっちゃうんですよ。絶対誰か持って行ってます。」
 そう言って君はじっと私の顔を見た。
 違う。私が君の文房具を借りることはたまにしかない。

 夕飯の買い物に付き合っていたら、家に着く前に土砂降りの雨にあってしまった。
 すぐ近くだから、と必死に走ったのだが、2人ともずぶ濡れになってしまった。
 髪からはぽたぽたと雫が垂れ、服は体にぴったりと張り付いて気持ち悪い。
 靴も大量の水が入ってしまってゴボゴボと音を立てていた。
「参ったな。」
 とにかく靴を脱いで、ソックスも脱いで、服とシャツとスラックスも脱いでパンツ一丁でバスルームに向かおうとしたら、玄関で濡れ鼠のまま靴も脱ごうとしない少尉と目が合った。
「何してるんだ。風邪引くぞ。君も脱ぎたまえよ。」
「どうやって?」
 睨まれ、詰るようにそう言われて、遅まきながら「確かに」と私は頷いた。
「とりあえず靴は脱いだらどうだ?」
「そうですね。」
 靴を脱いだことを確認して、私は少尉を抱き上げた。
「ひゃっ!」
 君は甲高い声をあげた。
「何するんですか!」
 そう言って私の頭をバシバシ叩く。
「いやだって玄関先じゃ着替えれんだろ?」
「おろして!」
「バスルームに着いたらな。」
「1人で行けます!」
「廊下が濡れるだろ?」
「もう濡れてるじゃないですか!」
「君が気にすると思ったんだ。」
「だからって!」
 顔が真っ赤になっているのは怒っているのか、恥ずかしいからか。
 バスルームで彼女をおろし、カランを捻ってバスタブにお湯を入れた。
「すぐお湯たまるから。シャワー浴びて、あったまってから出てこい。」
「シャワーは中佐がどうぞ。私には着替えだけ貸してください。」
「君より先に風呂には入らない。風呂に入らない君に着替えは貸さない。」
「そんなの横暴です!」
「どこがだ!とにかく私はびしょ濡れの女性を放置して風呂になんか入りたくない!私を風呂に入れたければ、まずは君が入りたまえ!これ以上ブチブチ文句言うなら、私が君の服を引っぱがしてもいいんだぞ!」
「セクハラです!上司の横暴です!変態!」
「君が選んでいいぞ。私に脱がされるか、自分で脱ぐか!」
 少尉はしばらく私を睨んでいたが、諦めたように頷いた。
「あ、そうだ。」
 ふと思い出したことがあり、私は洗面台の下をごそごそとあさった。
「少尉。君にこれをあげよう。」
「なんですか、これ。」
 怪訝な顔の彼女に微笑だけ向けて何も告げず、私は手のひらにおさまる程度のその袋を開けずにぐしゃぐしゃともみほぐした。
 封を切って直接お湯が当たるようにそれをバスタブに入れる。
 とたんにぶくぶくとバスタブに泡が湧くように出てきて、後ろからそれを覗き込んでいた少尉は目を丸くした。
「着替えとタオルはドアの前に置いておく。」
 ゆっくりしたまえ。そう言い置いて私はバスルームを出た。
 寝室で自分の着替えをすませる。
 湿っぽい下着は玄関先に放り出していたほかの服と一緒にしておいた。
 バスルームから、少尉の下手な鼻歌が聞こえてくる。
 どうやら泡風呂は彼女のお気に召したらしい。
 どうせ余り物、と言ってバブルバスの入浴剤を押しつけてきたのはマダムだった。
 少尉のために、今度は自分でバブルバスを買ってこよう。
 何と言って受け取ってもらうか思案しながら、私は自分と彼女のためにコーヒーを淹れた。





にほんブログ村 小説ブログへ 
ランキング参加しています。クリックいただけると励みになります。




Facebook始めました。更新情報をお知らせします。



関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 少尉と中佐
総もくじ 3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ 3kaku_s_L.png マスタングさんち
総もくじ 3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ 3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png プロローグ
総もくじ  3kaku_s_L.png 少尉と中佐
もくじ  3kaku_s_L.png ロイとリザ
総もくじ  3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ  3kaku_s_L.png マスタングさんち
もくじ  3kaku_s_L.png 彼の親友
総もくじ  3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ  3kaku_s_L.png Et cetera
  • 【悲しんでいるあなたを愛している】へ
  • 【for you|中尉と大佐】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【悲しんでいるあなたを愛している】へ
  • 【for you|中尉と大佐】へ