FC2ブログ

「Et cetera」
-2017年6月~9月

永遠の嘘|中尉と大佐

 ←永遠の嘘|少尉と中佐 →くだらない嘘|大尉と准将
「あのとき」
 私の腕の中でまどろみながら、リザは呟くように言った。
「背中なんか見なければよかった、と。」
 そう思ったことはありませんか?
 私が答える前に、彼女は眠りに落ちた。

 デスクに山積みにされた書類にうんざりして、私は手にしていた万年筆を放り投げた。
 ポケットから発火布を出して、軽く指を擦る。
 マッチよりも小さな焔があがり、すぐに消えた。
 火をつけたり消したりして遊んでいると、ノックもせずにハボックが入ってきた。
「失礼しまーす、って何やってんすか、あんた。」
「気分転換だ。」
「中尉に怒られますよ。ていうか、ここ火気厳禁っすよ。」
「おちおちタバコも吸えんな。」
「まったくですね。・・・って、あんた吸わないでしょうが。」
「中尉が嫌がるからな。」
 私は発火布をデスクの上に放り出した。
「中尉がいないとやる気が出ん。」
「明日、両手に銃を持った中尉に追いかけられたいですか?」
「中尉が非番の時は私も休もうかな?」
「そんな自由に休みが取れれば苦労しないっすよ。持ってっていい書類どれですか?」
「こっちから左は全部できてる。ブレダと中身確認してから持ってけよ。」
「へーい。・・・俺1人じゃダメなんすか?」
「別におまえだからどうこう言ってるんじゃない。大事な書類だからダブルチェックしろ、ってだけだ。」
「中尉にはそんなこと言わないですよね?」
「おまえ、自分が中尉と同格だと思うか?」
「思いません。納得です。」
 書類を抱えて出て行こうとしたハボックを、私は呼び止めた。
「おまえ、私の焔の錬金術を怖いと思ったことあるか?」
 ハボックは首を傾げた。
「いや、別に。」
「そうか。」
 しっしっ、と追い払うように手を振ると「意味わかんね」とかなんとかブツブツ言いながら、ハボックは出て行った。

 初めてリザの背中を見たとき、その美しさのみに魅了された。
 「最強」とも「最凶」とも称した師匠の意図は、その時の私にはまったく目に入らなかった。
 初めてそれを「怖い」と思ったのは、イシュバールでリザと再会したその時だった。
 テキストにすぎなかった焔の錬金術を、リザの前で体現することに躊躇した。
 その時初めて、焔の錬金術の脅威に戦いた。
 同時に、リザの背中が怖くなった。

 背中を焼いてください。
 そう請われ、改めて目にした彼女の背中はやはり美しかった。
 それは抜き身の刃物のような繊細な美しさだった。
 初めて見たときにはわからなかった、狂気を秘めた故の美しさだった。
 やはりあのときの私には早すぎたものだったのか。
 高熱に浮かされる彼女の手を握ったまま、自分の未熟さを呪った。

 ただいま、と言いながらドアを開けるといい匂いがした。
「おかえりなさい。」
 手を拭きながらリザが迎えに出てくれる。
「お腹すいた。いい匂いする。」
「今日はカレーです。」
「いいな。カレー大好きだ。」
 私の上着を受け取って寝室のクローゼットにしまいにいこうとした彼女を、背中から軽く抱き留めた。
「昨日の君の質問だけど。」
「なんのことですか?」
「君の背中。見なければよかったと思ったことなんかない。」
 彼女の体を解放すると、彼女は振り返って訝しそうに私を見た。
 何か言おうと開きかけた口を、キスを1つ落として塞ぐ。
「・・・お腹すいたよ。」
 そう言って笑いかけると、彼女は肩をすくめて「はいはい」と背中を向けた。

 たとえ繰り返し、何度同じ質問を君からされたとしても。
 その度に私は「否」と答える。
 君に対する唯一の、永遠の嘘。





にほんブログ村 小説ブログへ 
ランキング参加しています。クリックいただけると励みになります。




Facebook始めました。更新情報をお知らせします。



関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 少尉と中佐
総もくじ 3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ 3kaku_s_L.png マスタングさんち
総もくじ 3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ 3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png プロローグ
総もくじ  3kaku_s_L.png 少尉と中佐
もくじ  3kaku_s_L.png ロイとリザ
総もくじ  3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ  3kaku_s_L.png マスタングさんち
もくじ  3kaku_s_L.png 彼の親友
総もくじ  3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ  3kaku_s_L.png Et cetera
  • 【永遠の嘘|少尉と中佐】へ
  • 【くだらない嘘|大尉と准将】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。
  • 【永遠の嘘|少尉と中佐】へ
  • 【くだらない嘘|大尉と准将】へ