FC2ブログ

「Et cetera」
-2018年1月~6月

私は君に

 ←私はあなたに →私の側に
 伝えたい気持ちがある。

 自堕落だった時期がある。
 女と寝てきた、などとわざわざ報告したりはしないのだが、どうやら少尉は察していたようだった。
 どこかで見られたのかもしれない。
 その時の私は、とにかく1人で戦うことに躍起になっていた。
 誰も信用していなかった、というわけではない。
 ただ誰も、私を理由に傷つけたくはなかった。
 1人の力に限界があることは承知していたはずなのに。
 1人で全部を守ろうと気負っていたのかもしれない。

 彼女に抱きしめられたことがある。
 甘やかすな、と言ったら「どうしてですか?」と返された。
 しかし一線を越えるには彼女は優しすぎたし、私は不誠実すぎた。
 結局のところ、1人で何とかしようなどとおこがましいことだったのだ。
 もう少し他人に、彼女に、甘えたり頼ったりしてもいいのだろうか。

 満開だった街路樹が緑色の葉っぱばかりになり、取って代わるようにひざ丈くらいの低木が濃いピンクの花でいっぱいになった。
「きれいだな。」
「ツツジですね。」
「この花の名前?」
「そうですよ。」
 少尉と手を繋いで歩くようになってしばらく経つ。
 あまりに生活に無頓着な私を心配して、彼女は夕飯を作りにきてくれるのだ。
「夜遊びするときは前もって言って下さいね。」
「夜遊び?」
「だからその・・・男性がそういうことしたいからって、咎めたりしませんよ、別に。」
「ああ。」
 私は苦笑した。
「そういうのはやめた。」
「え?」
 彼女は驚いたように目を見開いた。
「もともとしたくてしてたわけじゃないんだ。」
「そうなんですか?」
 彼女は怪訝そうに眉を寄せた。
「ただ1人でいるのが寂しかっただけなんだ。」
「もう寂しくないですか?」
「うん。君がいるから。」
 真摯に誠実に言ったつもりだったのに、「調子のいいことばっかり」と彼女は相手にしてくれなかった。
「最近優しくなりましたね。」
 私を見上げるようにして、彼女は微笑んだ。
「何を言ってるんだ。私はいつだって優しいぞ。」
「そうじゃなくて。なんていうか、最近とんがってないです。」
「とんがる?とんがってたのか、私は?」
 面食らったようにそう言うと、彼女は頷いた。
「そうですよ。誰に対しても必要以上に近づけようとしなかったじゃないですか。」
「最近はそうでもない?」
「はい。なんだか嬉しいです。やっと信頼されたみたいで。」
「おかしいな。君のことはずっと信頼してるぞ。」
「じゃあいろんなことたくさん任せて下さいね。」
「あまり1人で抱え込んで欲しくはないな。」
「あなたに言われたくないです。」
 それきり彼女は黙ってしまった。
 彼女の家の前で、きれいな前髪をそっと梳いた。
「私はそんなに1人で抱え込んでたか?」
 目を合わせてそう訊くと、彼女は目を伏せた。
「わかりません。あなたは辛いとも苦しいとも言いませんから。」
「そんなふうに見えたか?」
「はい。私では頼りないかもしれませんが。精進します。」
 彼女の目に、どこか必死な口ぶりに、こちらが泣きそうになる。
 
 そんな・・・

「そんな悲しい顔するな。」
 彼女の額にそっと口づけた。

「頼りにしてるよ。もう君なしじゃ何もできない。書類は片付かないし、部屋も片付かないし、食事も忘れるし。」
「・・・そこは1人でも何とかして下さい。」
 彼女が口を尖らせて抗議したので、私は少し笑った。

 君といると優しくなれる。
 人間らしい温もりを思い出せる。
 甘えたり、頼ったり、誰よりも何よりも情けない自然体の自分を君だけが許してくれる。
 それにどれほど救われたか。

 それなのに未だ臆病な私は、君に伝えられない気持ちを持てあましている。






にほんブログ村 小説ブログへ 
ランキング参加しています。クリックいただけると励みになります。




Facebook始めました。更新情報をお知らせします。


ツイッター始めました。更新情報をお知らせします。( @Kar1n_6110 )




関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 少尉と中佐
総もくじ 3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ 3kaku_s_L.png マスタングさんち
総もくじ 3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ 3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png プロローグ
総もくじ  3kaku_s_L.png 少尉と中佐
もくじ  3kaku_s_L.png ロイとリザ
総もくじ  3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ  3kaku_s_L.png マスタングさんち
もくじ  3kaku_s_L.png 彼の親友
総もくじ  3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ  3kaku_s_L.png Et cetera
  • 【私はあなたに】へ
  • 【私の側に】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。