FC2ブログ

「Et cetera」
-2018年6月~12月

彼女の足音

 ←雨がやむまで|Riza & Roy →彼の足音
 君、お見合いする気ある?
 グラマン中将にそう訊かれ、マスタングは首を振った。
「結婚する気のない男と見合いしたところで先方に得るものもないでしょう。」
「結婚する気ないの?出世の足がかりにもなるよ。」
 マスタングはため息をついた。
「私はよくても、相手に失礼だと思いますが。」
「相手のせいにするの?君って卑怯な男だよね。」
 口ぶりは冗談ぽくあったが、目が笑っていない。
「お見合いも結婚もしません。今は自分のことで精一杯です。」
「まだまだ若いね。」
 はい、チェックメイト。
「じゃあこの書類よろしくね。」
 そして今日も仕事を押しつけられた。

「今日、中将にお見合いする気はないかって訊かれたんだ。」
 帰り道でその話題を振ると、リザはかすかに眉根を寄せた。
「するんですか、お見合い?」
「まさか。丁重にお断りしたよ。」
 そう言ってマスタングは肩をすくめた。
「他人と一つ屋根の下で暮らすなんてごめんだ。息苦しいだけだよ。」
「そんなふうに思ってらしたんですか?それは申し訳なかったですね?」
 リザがそう言うと、マスタングはきょとんとした。
「何が?」
「うちに居候してて息苦しかった、って話でしょ?」
 リザの指摘に、マスタングはぽかんとした。
「そんなこと思いもしなかった。」
「別に気を使ってくださらなくていいですよ。」
 彼女は表情を変えることもなく淡々と言った。
「私が君に気を使ったりするわけないだろう」
 リザは何も言わなかった。
「しないんですか、結婚?」
 随分経ってからリザはそう訊いた。
「しないね。」
 マスタングは鼻で笑った。
「どうして?」
「なんだ。私に結婚して欲しいのか?」
「幸せになって欲しいな、とは思いますけど。」
「子どもだな、君は。」
 マスタングがからかうようにそう言うと、リザは目に見えてむっとした。
「どういう意味ですか?」
「結婚イコール幸せとは限らないんだよ。」
「ヒューズ中佐は幸せそうですよ。」
「そうだな。あいつはよくやってるよ。私には無理だ。」
 自嘲ではなく本心だった。
 それに気づいたのか、リザはそれ以上言い募ろうとはしなかった。
「君は幸せになるといいな。」
 マスタングがそう言うと、今度こそ不機嫌そうにリザは彼を睨んだ。
「いい男と結婚して子どもができて。君の子ならきっとすごくかわいい。君に副官をやめられるといろいろ困るけど、君の幸せのためならそれだって我慢するよ。」
「結婚イコール幸せとは限らない、って言ったのは中佐ですよ。」
 低い声で詰るようにリザは言った。
「幸せな結婚をすればいいじゃないか。」
 マスタングは苦笑しながら、リザの頭をなでた。
「君が幸せになってくれると私も嬉しいよ。」
「だったら中佐が幸せにしてくれればいいでしょ!」
 リザは乱暴にマスタングの手を振り払うと、そのまま足早にずんずんと彼を置いて歩き出した。
「少尉。そんなに怒るな。」
「知りません。」
「私が君を幸せにできるわけないだろう。」
「なんでですか!」
「自己中で身勝手でわがままで、気の遠くなるような夢を未だに捨てきれなくて、おまけにプライベートは自分の趣味に寝食忘れて没頭するような男だ。」
「知ってます!そんなこと!」
「おまけに人殺しだ。」
 リザは足を止めて、真っ白な顔で振り返った。
 泣くかな、とマスタングは思った。
 けれども彼女は目を尖らせてつかつかとマスタングの近くに来ると、その耳を思いっきり引っ張った。
「私もです!」
 彼女の怒鳴り声が、わんと鼓膜に響いた。
「中佐のそういう自分だけおろそかにするとこ、大っ嫌いです!」
 投げつけるようにそう怒鳴って、リザは走って行ってしまった。
 遠ざかっていく足音を聞きながら、マスタングは追いかけようとはしなかった。
 そのまま戻ってこなくてもいいと思う。
 見合いなどする気はない。もしも結婚するとしたら、決めた女は1人だけだから。
 彼女にそれを伝える気もない。幸せになってもらいたいから。
 1人で墜ちる覚悟はできていた。
 けれども彼女を1人残していく覚悟はまだできない。
 彼女が誰かの手を取ってくれればいいと思う。
 マスタングが自分からその手を離すことは、たぶんその時までできそうにない。

「愛してるよ、リザ。」
 彼女の足音が戻ってこないことを確認してから、決して伝えるつもりのない言葉を呟いた。





にほんブログ村 小説ブログへ 
ランキング参加しています。クリックいただけると励みになります。




Facebook始めました。更新情報をお知らせします。


ツイッター始めました。更新情報をお知らせします。( @Kar1n_6110 )




関連記事
スポンサーサイト
総もくじ 3kaku_s_L.png 少尉と中佐
総もくじ 3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ 3kaku_s_L.png マスタングさんち
総もくじ 3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ 3kaku_s_L.png Et cetera
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png プロローグ
総もくじ  3kaku_s_L.png 少尉と中佐
もくじ  3kaku_s_L.png ロイとリザ
総もくじ  3kaku_s_L.png 中尉と大佐
総もくじ  3kaku_s_L.png マスタングさんち
もくじ  3kaku_s_L.png 彼の親友
総もくじ  3kaku_s_L.png 彼と彼女の
総もくじ  3kaku_s_L.png Et cetera
  • 【雨がやむまで|Riza & Roy】へ
  • 【彼の足音】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。